RSS Twittwr mail
TD03 暗黒竜凶襲 情報
BT04 轟斬轟く!! 情報
EB02 ドラゴンVSデンジャー 情報
スポンサー広告 > 【バディファイト】 7月 今日のカードまとめ
バディファイト情報まとめ > 今日のカード > 【バディファイト】 7月 今日のカードまとめ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【バディファイト】 7月 今日のカードまとめ

2014年7月30日 今日のカード BT03【ドドド大冒険!】収録

7月30日
one-point.jpg

今日はジェネリックに登場した起死回生のカード、「エンペラーシールド」を紹介しよう。

オッサンの顔が飛んでくるだけと侮ってはいけない!
エンペラーシールド」は、なんと相手の必殺技を無効化することができる恐るべき防御魔法!
それだけに使用コストも「5」と非常に高いが、場に属性《タロット》が2枚以上あれば、使用コストを払わずに使うこともできる。

《タロット》で場を埋めていきつつ、勝利を目指すのはなかなか難しいと思うが、「ドドド大冒険」には、
サイズ1にして脅威の性能を誇る「アクターナイツ・エンペラー」や、ジェネリック初のサイズ0 「アクターナイツ・ハングドマン」など、
便利で優秀な《タロット》のカードが収録されている。

2弾収録の「アクターナイツ・ザ・マジシャン」などと合わせて駆使し、上手く使ってみてほしい。
「これで勝った!」と確信して放った必殺技が、「エンペラーシールド」で防がれたら、相手も驚くこと間違いなしだ!

※「ガルガンチュア・パニッシャー!!」は無効化できないので、要注意!



2014年7月29日 今日のカード BT03【ドドド大冒険!】収録

7月29日
one-point.jpg

今日は「ドドド大冒険」に収録され、先週のアニメでも活躍したナイスミドル、
マナブースター メルエキム」を紹介しよう!

メルエキムは自分のゲージを+1、相手のゲージを+2するという、他に類を見ない変わったゲージ増加能力を持つ。
これだけ見ると「自分+1なのに、相手は+2!?ダメじゃん…」と思うかもしれないが、
このメルエキムは、ある魔法カードと組み合わせて使うコンボカード!

その魔法カードとは……同じ「ドドド大冒険」に収録「ガッチャ!

モンスターの起動効果を使う際に、相手のゲージも使う事ができるこのカードさえあれば、
メルエキムの能力は、実質タダでゲージを+3したようなものなのである!

ドラゴウィザード マジシャン・ドラム」や、「フレイムマスター ガンザック “ドヴァー”」などの高コストかつ超強力な能力を使い、
相手のライフとゲージを一網打尽にしてしまおう!




2014年7月28日 今日のカード 
BT03【ドドド大冒険!】収録

7月28日
one-point.jpg

週も明け、発売からまもなく一ヶ月となる「ドドド大冒険」。
今が最も盛り上がってる時期だと思うので、気になるカードの補足をしていこうと思う!

という事で、今日のカードは髑髏武者「常勝無敗 絶獅子」!

絶獅子は、自分のターンの終了時、自分の場の《髑髏武者》を好きな枚数選んで、ゲージに置く能力を持っている。
そう、《髑髏武者》の特性は、ターン終了時に効果で破壊されてしまう代わりに、強力なモンスターが多いという事。

ターン終了時に絶獅子の能力でゲージに置いた《髑髏武者》を、次のターンに「黄泉の還り路」で再び甦らせて戦おう!
血刀 鬼面斎」や、「残山剰水 餓鰐」と一緒に使うのがオススメだ!




2014年7月25日 今日のカード 
7~9月開催ショップ大会参加賞【バディファイトパック Vol.2】収録

7月25日
one-point.jpg

6日間続いたバディファイトパックVol.2の紹介も本日でラスト!最後はエンシェントワールドのドラゴンロード「撃炎神 アゴスブルフ」の紹介をしよう。
ア ゴスブルフは『対抗』で場のサイズ1のモンスターを破壊する、という破壊能力を持つカード。自身がサイズ2のモンスターなので、自分のターンに使ってしま うと損した気分になるかもしれないが、相手のモンスターに攻撃された時に使えば、1体道連れに出来るかもしれない便利な能力だ。
また、このカードは属性《ドラゴンロード》を持っているので、「」のコールコストとしてソウルに加られるという点にも注目。
場に出してしまうのはもったいない「」や「」などの特殊な能力を持つドラゴンロードとは違い、場に出す事で活躍できる数少ないサイズ2のドラゴンロード。
デュエルズィーガーが手札にない時でも、大いに活躍が期待できるモンスターなので、ぜひ一度使ってみて欲しい。



2014年7月24日 今日のカード 
7~9月開催ショップ大会参加賞【バディファイトパック Vol.2】収録

7月24日
one-point.jpg

今日もバディファイトパックVol.2から、「」の紹介をしよう。
「」は、サイズ1にして打撃力3を持つ強力なプレイヤーアタッカー。現状サイズ1で打撃力3を誇るドラゴンは、「ドラゴン番長」収録の「」と、このバーニングランスしかいない事を考えると、このサイズで「3」という打撃力がいかに脅威であるか慮る事ができるだろう。
また、これらの高打撃力カードは、『貫通』を得られる魔法カード「」や、相手のセンターにモンスターがいても、相手に直接攻撃できるようになる「」などと組み合わせると、より効果的に使う事ができる!
とはいえ、ゲージ2というコールコストは若干重め。考え無しにガンガンコールしていくのではなく、使いどころをしっかり見極めて使おう!




2014年7月23日 今日のカード 7~9月開催ショップ大会参加賞【バディファイトパック Vol.2】収録

7月23日
one-point.jpg

ダンジョンワールドのカードはドドド大冒険だけじゃない!
バディファイトパックVol2にも「マスター・スケルトン」というサイズ3の《Dエネミー》が収録されているぞ!

マスター・スケルトン」は高い攻撃力とソウルガードを合わせ持ち、打撃力も3と申し分ないモンスターだ。
センターに置いて、「モンスターマスターの杖 アレルタ」の効果で攻防+2000&反撃を付与すれば、
優秀な盾役として活躍するだろう。

それだけではなく、登場した時、ドロップゾーンのサイズ0の《Dエネミー》1枚を、コールコストを払わずにコールすることができる。
サイズ0の《Dエネミー》は今のところ「フェイト・スケルトン」と「豆柴 コボルト」としかいないので、コストを払わないで済む利点は無いが、
いずれゲージやライフなどを消費してコールするようなサイズ0《Dエネミー》が現れるかもしれない。

将来性もカードの重要なステータス。
「あの時アレを手に入れていれば……」なんて事にならないよう、GETできる時にGETしておくべし!




2014年7月22日 今日のカード 
7~9月開催ショップ大会参加賞【バディファイトパック Vol.2】収録

7月22日
one-point.jpg
今日はバディファイトパックVol.2から《竜騎士》のカードを紹介するぞ。
「」は君の場にこのカード以外の《竜騎士》があるなら、相手にダメージ2を与えることができる。
攻撃によるダメージではないので相手は「」のような魔法では守ることができない、強力な効果だ。
《竜騎士》には他にも「」のような効果でダメージを与えるカードがあるので、直接ダメージを与えるカードを集めた《竜騎士》デッキを作ってみよう。



2014年7月21日 今日のカード コロコロコミック8月号ふろく

7月21日
one-point.jpg

君はエンシェントワールドの要となるかもしれないカード、「大器竜成」を知っているだろうか?
これは一週間前=7月15日に発売となったコロコロコミック8月号の超豪華ふろくなのだ!

ライフ2を払う事で、デッキからサイズ3のドラゴンロード1枚を手札に加えられるこのカード。
非常にシンプルな効果なので、特別な使い方のレクチャーは必要ないが、ライフを惜しんで使わないというのは避けよう!

何は無くともサイズ3モンスターが無いといけないのがエンシェントワールド。
例え残りライフが3しか無くても、サイズ3モンスターが場にも手札にもいないのなら、使う!

ライフを増やす方法は、「同床竜夢」や「岩竜王 ヴラゴス」、「竜王伝」など様々だが、
サイズ3ドラゴンロードを手札に加えられるのは、この「大器竜成」ただ1枚!

武神竜王 デュエルズィーガー」をはじめとする強力なドラゴンロード達。
彼らを確実にコールし、神の力を惜しみなく振るう為に、ぜひこの「大器竜成」を手に入れてほしい。



2014年7月18日 今日のカード 7~9月開催ショップ大会参加賞【バディファイトパック Vol.2】収録


7月18日
one-point.jpg

【7/18 14:30 一部修正】
昨日に引き続き、7~9月のショップ開催大会(バディカップなど)参加賞である「バディファイトパック Vol.2」から、
エンシェントワールドの魔法カード「逆鱗」を紹介しよう。

逆鱗」とは、伝説上で1枚だけ逆さに生えるとされている竜の鱗。
温厚な竜でも触れると怒ると言われており、この事から触れてはならない事を表す「逆鱗にふれる」、という言葉が生まれたという――。

さておき、「逆鱗」は君の場のモンスター1枚を選び、破壊されても場に残せる上、「反撃」まで与える強力なカウンター!
攻防+3000と反撃付与だった「竜神無頼」とは違い、破壊されても場に残せる!
※破壊はされているので、「貫通」のダメージは受けてしまうから要注意だ!!

また、攻撃だけでなく能力で破壊されても場に残せるので、エンシェントワールドの天敵だった数々の破壊魔法、能力を持つ、
インフェルノアーマー・ドラゴン」や、「鬼道 月白斬り」、「魔王 アスモダイ」などにも対応できるようになるぞ。

これがあれば「武神竜王 デュエルズィーガー」や「次元魔竜 ラディス・ザ・タイラント」の守りが今以上に固くなる。
元々攻撃力が高いモンスターなので、反撃を与えればほとんどの相手モンスターを撃退可能!

竜神無頼」と「逆鱗」をガンガン使い、降りかかる攻撃を全て迎撃してしまおう!




2014年7月17日 今日のカード 7~9月開催ショップ大会参加賞【バディファイトパック Vol.2】収録


7月17日
one-point.jpg

今日は商品からではなく、7~9月のショップ開催大会(バディカップなど)参加賞である「バディファイトパック Vol.2」から、
カタナワールドの少年忍者、「義賊忍者 鼠次郎」を紹介しよう。

鼠次郎は、相手にダメージを与えた時、相手のゲージ1枚をドロップゾーンに置く能力を持つ。
エクストラブースター第1弾「不死身の竜神」に、ゲージ1を払って同じ能力を発動する「盗賊忍者 五右衛門」がいたが、
鼠次郎は彼の軽量版にあたる。

軽量版といったが、それは決して五右衛門に劣っているという訳ではない。
何度でも言うが、魔法や能力、必殺技で大量のゲージを消費する忍者デッキは、ゲージがとても重要。 極めて、非常に、大変、重要だ。
そして、鼠次郎は能力の使用にゲージを必要としない。
数値が高い代わりに、1ゲージ払って能力を使用するか考える必要がある五右衛門より、取り回しやすいのである。

ダンジョンワールドなら、防御魔法「シャルサーナの加護」や、対抗魔法「ピラー・オブ・ファイヤー」、
ドラゴンワールドなら「ガルガンチュア・パニッシャー!!」、エンシェントワールドなら「武神竜王 デュエルズィーガー」の進化。

上はあくまで一例に過ぎないが、強力なカード、便利なカードは軒並みゲージを使う。
たった1枚のゲージロストが命取りになる勝負もあるだろう。

鼠次郎や五右衛門は、相手の切り札の使用を抑制し、かつ勝負の行方を大きく左右する可能性もある、優秀なカードなのである。




2014年7月16日 今日のカード BT03【ドドド大冒険!】収録


7月16日
one-point.jpg

今日はドラゴンワールドの超強力設置魔法、「迅雷フォーメーション!」を紹介するぞ!

「ドドド大冒険」で一気にその数を増やした「迅雷騎士団」の戦士達。
彼らの能力を最大限に生かしたいのであれば、このカードは極めて重要な1枚となる。

迅雷フォーメーション!」には2つの能力があり、一つはカード名に「迅雷騎士団」を含むモンスターが移動した時、
デッキの上から1枚をゲージに置く通常の能力。
そして、ファイナルフェイズにデッキの上から3枚をドロップゾーンに置き、その中から「迅雷騎士団」を含むカードを
3枚までコールし、再びアタックフェイズを行う超強力な能力、“真・迅雷フォーメーション”!

「ドドド大冒険」目玉レアカードの一つでもある「迅雷騎士団団長 コマンデュール・ファーネ」と非常に相性が良いのも重要だ。

コマンデュール・ファーネは、カード名に「迅雷騎士団」を含むカード全てに打撃力を+1し、移動を与えることができる迅雷騎士。
迅雷騎士団 ブラスシールド・ドラゴン」や、「迅雷騎士団 ドラゴアーチャー」などの移動を持たない迅雷騎士達でも、
団長がいる事によって活躍の幅を広げる事ができるのである。

疾きこと風、勇ましきこと雷のごとし!
迅雷騎士達の巧みなコンビネーションを生かし、ドラゴンワールドの新たな力を使いこなそう!




2014年7月15日 今日のカード BT03【ドドド大冒険!】収録


7月15日
one-point.jpg

今日紹介するのはカタナワールドの対抗魔法「忍法 蛇睨み」。
ライフ1を代償に、対抗で相手の場のモンスター1枚を強制的にレスト(横に)する能力を持っている。

高い打撃力、2回攻撃などを持つモンスターには特に高い効果を発揮するはずだ。
なにせ、2回攻撃を持つモンスターに使った場合、1回も攻撃させずに抑え込むことができる!
ゲージ消費が激しいカタナワールド、コストがライフになっている所も嬉しいポイントだ。

さらに、このカードは《忍法》を持っているのも特徴の一つ。
ブースターパック第2弾「サイバー忍軍」に収録されている超便利魔法「忍び巻物」と相性がバツグンなのである!
「忍び巻物」は、手札のカードをソウルに入れることができ、さらにソウルからその《忍法》を使うことができる設置魔法。
普段は「忍び巻物」に入れておいていざという時に使えば……!

また、《忍法》を持つと言う事は、「電子忍者 紫電」のコストとして利用できる事も忘れてはならない。
引きすぎてしまった場合や、ライフが少ない時などは惜しまずサイバーアナライズのコストにして、起死回生の1枚を引きあてるといい。

同じカタナワールドでも、斬夜のデッキとはガラリと違う金蛇秀水(かなへび しゅうすい)の忍者デッキ。
今週末放送のアニメ28話で、斬夜の新デッキと共にその全貌が明らかになる!




2014年7月14日 今日のカード BT03【ドドド大冒険!】収録


7月14日
one-point.jpg

今日はダンジョンワールドのスライム系モンスター「ハ・マ」を紹介しよう!

ハ・マ」は登場した時に、デッキから属性《杖》を持つカード1枚を手札に加えることができる《Dエネミー》。
《Dエネミー》と相性がいい「ドミニオンロッド」、「モンスターマスターの杖 アレルタ」を手札に加えることで、様々な戦い方が可能だ。

ドミニオンロッド」を装備して君が属性《魔王》を持てば、
魔王のダンジョン」や「ダンジョンエクスプロージョン」が大活躍する《魔王》デッキを作ることができる!

モンスターマスターの杖 アレルタ」を装備するなら、「サンダースパルティス」や「魔王 ガーグナー」など防御力の高いモンスター、
または「土佐犬 コボルト」などのソウルガードを持つモンスターをセンターにコールしよう。
アレルタの効果でモンスターの攻防を+2000、さらに反撃まで与えられるので、中央突破されづらい堅実な戦い方ができるはずだ。

ハ・マ」の使い方一つでも、《Dエネミー》デッキは可能性を広げられる!
ダンジョンワールドはまだ始まったばかりのワールドなので、ぜひいろんな可能性を模索してみて欲しい。



2014年7月11日 今日のカード BT03【ドドド大冒険!】収録


7月11日
one-point.jpg

「ドドド大冒険」にはマジックWの魔術師も満載!
今日紹介するのは「フレイムマスター ガンザック “ドヴァー”」。
名前の通り、ブースター1弾に収録された「ファイヤースターター ガンザック」の強化形態だ!

サイズ3の魔術師は、「撃滅の魔女 ハーティ・ザ・デバステイター」、「ドラゴウィザード テンペスト・ウイング
」に続き3枚目。
このドヴァーは、上記の2枚とはまた違った方向に性能が特化している。

利点その1はサイズ3にしてコールコストが必要ないという点。
いつでも気軽に高い数値を持つモンスターをセンターにコールできるのは便利だ。

利点その2、固有能力“バーンウェイブ”!
ドロップゾーンに「ガンザック」を含むカードがあれば、ゲージ5消費で相手に3ダメージを与えられる超火力能力!

消費ゲージ「5」を重い!と感じたキミ。 それは間違いじゃない。 とても正しい。
なので、このゲージは「ドドド大冒険」収録されたての新魔法、「ガッチャ!」で相手からいただいてしまおう。

自分の消費を抑えつつ、かつ相手のゲージをいただく。 ゲージ-5になる予定が0で済み、逆に相手のゲージが-5。
これからは効果起動にゲージを消費するモンスターが、相手にとって最大の脅威となるのかもしれない……!


2014年7月10日 今日のカード BT03【ドドド大冒険!】収録


7月10日
one-point.jpg

今日はジェネリックの新モンスター「アクターナイツ・エンペラー」を紹介していこう。

まずは数値に注目。
サイズ1で攻防5000、打撃力「3」! 通常のワールドと比べても遜色ない、破格の強さを持っている。

問題は自分の場に他の《タロット》のモンスターがいないと攻撃できないという点だが、
こればかりは《タロット》のカードを実用可能レべルまでデッキに入れ込むしかない。

幸い、アクターナイツには様々なデッキで活躍する可能性を秘めた「アクターナイツ・ザ・マジシャン」や、「アクターナイツ・ハングドマン」、
強力な能力を持つ「アクターナイツ・ザ・ワールド」と、その発動キーとなる「アクターナイツ・ザ・フール」など、
使い方次第で優秀な働きをするカードも多い。

また、アクターナイツを多めに入れていくのであれば、「ドドド大冒険」収録の2枚の魔法カードもまた優秀だ。
場のカード1枚を破壊する「ジャスティス・ハンマー」、必殺技を無効化する「エンペラーシールド」。
どちらも君の場に《タロット》が2枚以上があるなら、使用コストが無くなるという優れもの!

上記のようなカードを使う事が前提となるが、数値の上ではエンペラーもジェネリック最強!
ぜひ君のデッキのサポートに役立ててほしい。




2014年7月9日 今日のカード BT03【ドドド大冒険!】収録


7月9日
one-point.jpg

今日はカタナワールドの十八番である設置魔法から、「血戦のゴジョー大橋」を紹介しよう。

相手からすればまさに曲者(くせもの)という言葉がぴったりのこのカード、設置すると君・相手・モンスター全てが、
レフトとライトのモンスターに攻撃できなくなる。 センター以外、直接攻撃できなくなってしまうのだ。

が、しかし。 モンスターやアイテムの効果による攻撃は通るので、
「ドドド大冒険」で追加されたカタナワールドの新モンスター、「天空忍者 闇烏」や「狙撃忍者 与一」がここで光る!
彼らは自分の正面にいる相手モンスターがレストした時、相手に1ダメージ与える能力を持っているので、
ゴジョー大橋を出した上で、左右にコールすれば、相手にとって魔法や能力以外では倒せない厄介な存在となる!

今回「ドドド大冒険」で追加されたカードの中でも、取り分けカタナワールドのカードは様々な可能性を秘めている。
改めて全てのカードを確認して面白いコンボを探ってみるのも、カタナワールド使いの醍醐味だ!



2014年7月8日 今日のカード BT03【ドドド大冒険!】収録


7月8日
one-point.jpg

「ドドド大冒険」で新たに追加された属性《新撰組》を持つ竜騎士達。
今日紹介するのはその《新撰組》をサポートする強力な魔法カード「壬生の狼」!

上から「コンドウ」、「ヒジカタ」、「サイトウ」、「ソウシ」。 それぞれ個別にモンスターカードとしても収録されている。
また、このイラストには登場していないが、「竜騎士 ナガクラ」も収録されている。

肝心の能力だが、まず《新撰組》以外は対象にできない。
その代わり、攻防+5000、反撃付与、さらに対抗を持つ超強力なサポートカードだ!
今でも多くのプレイヤーに愛用されている「ドラゴエナジー」が攻防+3000という事を考えると、上昇値の凄まじさがうかがえる。

さらに、ドロップゾーンにあれば、ヒジカタの能力で手札に加えることができるので、積極的にキャストしていけるのも魅力!

彼ら《新撰組》は、そのほとんどが《新撰組》という属性を参照して能力を発動する。
各メンバーそれぞれが強力な能力、数値を有しているので、ぜひカードリストで確認してみてほしい。



2014年7月7日 今日のカード BT03【ドドド大冒険!】収録


7月7日
one-point.jpg

先週、ついに発売した「ドドド大冒険」。
驚くべきことに、今もっとも反響の多いワールドは、期待のニューフェイス《ダンジョンワールド》だった!
と言う事で、今日はダンジョンワールドの代表的モンスター、「ブレイドウイング・フェニックス」を紹介しよう!

アニメではダンジョンワールド使い「富士宮 風音(ふじみや かざね)」のバディとして活躍している彼。
性能は至ってシンプルだが、そのシンプルさが最大の利点。

防御力1000なので攻撃力が低いモンスターにも負けてしまうが、ダンジョンワールドにはドロップゾーンから
サクっとモンスターをコールできる魔法カード、「コンティニュー!」がある!
※「コンティニュー!」はドロップゾーンの《冒険者》と《Dエネミー》を、コールコストを払って1枚ずつコールする魔法。

この「コンティニュー!」と合わせて上手く使う為にも、彼は《冒険者》のデッキに組み込む形で使いたいものである。



2014年7月4日 今日のカード BT03【ドドド大冒険!】収録


7月4日
one-point.jpg

┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨……ドドド大冒険、本日(4日)発売!!
発売日に公式サイトを飾る紹介カードは、「伝説の勇者 タスク」だ!

バディポリスのタスクに似たダンジョンワールドの冒険者。
「伝説の」勇者だけに能力も恐ろしく強力!

なんと、《冒険者》と連携攻撃する事で、タスク自身と連携攻撃に参加したカード1枚が共に「貫通」を得られる!
つまり、打撃力3の武器やモンスターと連携攻撃して、センターのモンスターを倒してしまえば、一気に5ダメージ与える事も可能!
オススメ連携装備は、打撃力3の「勇者の装備 グローリー・シーカー」や、「竜滅剣 ドラゴンスレイヤー」など。

問答無用の貫通5ダメージが通れば、トライアルデッキ「ザ・勇者爆誕!!」収録の必殺技、「デッドエンド・クラッシュ!」の
発動条件の範囲まで一気に迫る!
デッドエンド・クラッシュ!」の絵柄がこの「伝説の勇者 タスク」なのも重要なポイント!

さらに、場に「ダンシングマジシャン テツヤ」と、別の《冒険者》の武器かモンスターがあれば、最初にテツヤと連携攻撃する事で、
タスクに2回攻撃を与え、その後にもう一人の冒険者と連携攻撃すれば、ダブル連携攻撃+貫通!
怒涛の超連続貫通アタック! 相手がソウルガードを持っていたら、逆にそれが仇となる!!

ターン終了時にには場からいなくなってしまうが、タスク先輩だからしょうがない。
伝説の勇者、バディポリス、どんな世界でも、彼は多忙な正義漢なのだ。




2014年7月3日 今日のカード BT03【ドドド大冒険!】収録

7月3日
one-point.jpg

アニメにも登場し、その強烈なキャラクターと愛らしい(?)外見で話題となっている彼……彼女!
「ドドド大冒険」に収録されるマジックワールドの目玉の一つ、「ドラゴウィザード キヌース・アクシア」!
今日はかr……彼女について紹介しよう。

登場時に自分か相手の好きな方に1ダメージを与える、という驚くほど単純明快なこの能力。
実はとんでもなく優秀で強力なものなのだ。

まず、相手に1ダメージを与える時点で非常に強い。 何せ打撃力の低いマジックワールド。
カード1枚の効果とアタックで合計3ダメージ与えられるカードは貴重である。
相手ターンに破壊されそうになったら、「マジカルグッバイ」で戻し、次のターンでもう1回!なんて使い方もありだ。

だが、ここで最も重要なのは「ライフが~以下の時」のみ使用可能な能力を使いたい時などに、
自分にダメージを与える事でその条件を自発的に満たすことができる、という点。

これはアクシアに関わらず、いずれ登場するだろう他のダメージカードでも応用できる高等テクニック!
覚えておいて損はない!



2014年7月2日 今日のカード BT03【ドドド大冒険!】収録


7月24日
one-point.jpg

「ドドド大冒険」にはカタナワールドも多数収録されている事、忘れてはいないか?
と言う事で、今日はカタナワールドの髑髏武者を1枚紹介しよう。

モンスターの名は「残山剰水 餓鰐(ざんざんじょうすい ががく)」!
名前もインパクトがあるが、ここではまず数値を見てほしい。
なんと攻撃力7000!さらに……サイズ1!!!

サイズ1最強の攻撃力を持ち、なおかつ打撃力2、そして、コールコストも無し!
攻撃、という点に絞れば右に出る者はいない強力なカードだ。

自分のターン終了時にはドロップゾーンに置かれてしまうが、カタナワールド使いなら対処法はもう知ってるはず。
包蔵禍心 闇狐」と「黄泉の還り路」を上手く使って、餓鰐の力を存分に振るおう!




2014年7月1日 今日のカード BT03【ドドド大冒険!】収録
7月1日
one-point.jpg

さて、今日は久しぶりジェネリックの便利なカードを紹介しよう。 久しぶりなので改めて説明するが、ジェネリックはどんなワールドにも混ぜられる特殊なワールドのカードだ! その分、数値などが他のワールドより低めに設定されているものの、使い方次第で化けるカードもある。

この「アクターナイツ・ハングドマン」も、そういった可能性を秘めたカードの1つだ。 ハングドマンは能力を持たないものの、どんなデッキにでも入れられるサイズ0のモンスター。 これがどういう事かわかるだろうか?

そう、ドラゴンワールドの「インフェルノアーマー・ドラゴン」や、 エンシェントワールドの「武神竜王 デュエルズィーガー」などのデッキと相性がいいのである! 攻撃力3000あれば「剣爪竜 ヴァルケン」や「ナノマシン忍者 月影」など、攻撃力に特化したモンスターは大体倒せる。 サイズ3モンスターの攻撃を、相手センターに置かれた防御力の低いモンスターに割く必要がなくなる、という事だ。 また、カタナワールドの「爆殺 奈落送りの術」のソウルに入れて使っても面白い。 デンジャーワールド使い相手に発動すれば、きっとビックリするだろう!

関連記事

新着記事


ドラゴンVSデンジャー
■駿河屋■
■Amazon■

ドドド大冒険!
■駿河屋■
■Amazon■

不死身の竜神
■駿河屋■
■Amazon■



管理者にだけ表示を許可する




ページトップへ戻る

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。