RSS Twittwr mail
TD03 暗黒竜凶襲 情報
BT04 轟斬轟く!! 情報
EB02 ドラゴンVSデンジャー 情報
スポンサー広告 > 2014年4月 今日のカードまとめ
バディファイト情報まとめ > 今日のカード > 2014年4月 今日のカードまとめ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014年4月 今日のカードまとめ

2014年4月30日 今日のカード DVD第1巻のふろく

アックスヘッド・ドラゴン
one-point.jpg「バディファイトパックVol.1」収録のPRカード、「アックスヘッド・ドラゴン」。
能力を持たないカードなので注目されづらいが、実は攻撃力7000、打撃力3と、数値がかなり強力!

「暴竜 ザルガス」、「インフェルノアーマー・ドラゴン」、「デスシックル・ドラゴン」など、
防御力7000を誇るモンスターが増えてきた今、それらを単体で倒せるカードは貴重なのである。

また、4000という平均的な防御力も、「ドラゴエナジー」と組み合わせれば7000まであがる。
上でも説明している通り、防御力7000を突破するのは簡単ではないので、ドラゴンワールドなら防御力が4000「も」あると考える事もできる。

それにしてもこの頭の斧、間違いなく相手を叩き斬る為の武器だと思うが、すでにどこかでこんなモンスターを見たような気が……?

※「アックスヘッド・ドラゴン」は、大会参加賞「バディファイトパックVol.1」収録の他、
  TVアニメ「フューチャーカード バディファイト」DVD第1巻のふろくとしても収録!




2014年4月29日 今日のカード EB01【不死身の竜神】収録

同床竜夢
one-point.jpg昨日一昨日のヴァンガ祭のバディファイトコーナーは満席の時間も多く、大盛況!皆ありがとう!
さて、今日のカードは「不死身の竜神」から《エンシェントワールド》の魔法カード「同床竜夢」!

ドラゴンワールドの「ドラゴニック・ヒール」はライフを「2」回復するカードだったが、このカードはさらにその上、
ライフ「3」を回復する、現状最強の回復カードだ!
デンジャーワールドの「血流呼気」と違い、常に「3」回復する、というところも非常に安定していて使いやすい。

《エンシェントワールド》には「ライフリンク」という新能力がある。
例えば、「ライフリンク1」と書かれたモンスターなら、破壊された時or何らかの効果で場から離れた時、
そのモンスターを使用していたプレイヤーに1ダメージが与えられる。

重い制約だが、もちろん「ライフリンク」を持っているモンスターは、強力な能力や、通常のモンスターよりも高い数値を持っている。
ハイリスクハイリターン、まさしくモンスターと一心同体、これが《エンシェントワールド》!

ライフを失うのを怖がっていてはいつまでたっても《エンシェントワールド》は使いこなせない!
まずは勇気を出して、ライフを使う効果・モンスターを使ってみよう!
《エンシェントワールド》の予行練習に、カタナワールドの「鬼道 桜吹雪」や、
ドラゴンワールドの「ジャックナイフ “サンダーストーム”」などを使ってみるのもいいかも?



2014年4月28日 今日のカード 「バディファイトパックVol.1」収録のPRカード

双刃竜 ダブルゼイス
one-point.jpg「バディファイトパックVol.1」収録のPRカードの中でも、特に注目されているのがこの「双刃竜 ダブルゼイス」だ。

その理由は能力と数値を見れば一目瞭然。
サイズ2にして攻撃力5000、防御力6000、そして貫通を持っている!

中でも「防御力6000」という数値は非常に重要だ。
「サイバー忍軍」発売までの現在において、
サイズ3をのぞく攻撃力6000のモンスターが18種(サイズ3含め26種)なのに対して、攻撃力5000のモンスターはなんと40種!
防御力6000のモンスターと5000のモンスターでは、そもそも場に残れる可能性が段違いなのだ!

装備している武器の数値分の攻防どちらかを上げる「闘魂合身」や、
相手の連携攻撃を無効化する(2ゲージを払わなかった場合)設置魔法「対決の掟」などと組み合わせるとより効果的!

防御面ばかり褒めているが、もちろん「激槍 死狂い」との連携攻撃だって超強力だ。
センターの相手モンスターを連携で倒して、ダメージ4点を叩きこもう!

※「双刃竜 ダブルゼイス」は、大会参加賞「バディファイトパックVol.1」収録の他、
  TVアニメ「フューチャーカード バディファイト」DVD第1巻のふろくとしても収録!



2014年4月26日 今日のカード あそバディカップ(4~6月度)参加賞 バディファイトパック Vol.1封入

ブラッディ・カードドラゴン

one-point.jpg今日のカードも「バディファイトパックVol.1」から、今のところオンリーワンの能力を持つモンスター、
「ブラッディカード・ドラゴン」の紹介だ!

手札やデッキからゲージをチャージする能力はいくつか存在するが、このカードはその逆。
なんとゲージを1枚手札に加えるという能力を持つ。
序盤ではあまり使い道が無い為にチャージしてしまうカードを戻す、というのが有効だ!
その辺りのカードを一通りまとめると、

ドラゴニック・グリモ ⇒ ライフ5以下になるまで必要ないが、いざという時あると非常に助かる!
ガルガンチュア・パニッシャー!! ⇒ 問答無用の4ダメージをかます為には準備が必要だ。 準備出来たらゲージから回収!
竜騎士 ヴラド・ドラキュラ ⇒ ドロップゾーンの《竜騎士》モンスターが6枚以上になったら手札にカムバック!

注意としては、1度置いてしまったゲージをこのカードの能力で見てから加える事はできない、という点。
記憶力の良い人にうってつけのカード、という事だ。


2014年4月23日 今日のカード EB01【不死身の竜神】収録

ドラゴニック・ダッシュ




地獄忍者 残叫
one-point.jpg今日は全国のお店で開催中の公認大会「あそバディカップ(4~6月度)」、「開戦!!カタナワールド vs マジックワールド」の参加賞、
「バディファイトパック Vol.1」から、カタナワールドの刺客、「地獄忍者 残叫」を紹介だ!

残叫はセンターにコールできないというデメリットを持つものの、非常に便利な効果を持つ。
なんと、彼が場にいる限り、「君が使う《忍法》は無効化されない」!
この能力、実はとんでもなく便利であり、ようは

君「うつせみの術!」 ⇒ 相手「ぐぬぬ、せっかく手札に「鬼道 桜吹雪(「アブラ・カタブラ!」)」があるのに無効化できない……!」

という事や、

相手「秘剣 星砕き!」 ⇒ 君「く、3ダメージは先にもらうが、魔法は無効化されないぜ!」 ⇒ 相手「な、なにー!?」

という事もできる。
無効化魔法は、ファイト終盤に用いられる事が多く、そういった土壇場で使われると負ける可能性がぐーんと上がってしまう。
その可能性を摘み取る事ができるというだけでも、残叫は非常に優秀なカードなのだ。

また、打撃力が3もあり、相手からすると場に残したくない一枚になる。
積極的に狙われるはずなので、「流星十字手裏剣 右打ち」や「旋風風車手裏剣 逆打ち」を誘うのもアリだ!


2014年4月21日 今日のカード BT02【サイバー忍軍】収録

サイバー陰陽師 清明
one-point.jpg今日はちょっと能力の難しい《カタナワールド》の《サイバーニンジャ》、「サイバー陰陽師 晴明」の紹介をしよう。

彼の能力は、どのワールドでも見かける強化・破壊能力でも、カタナワールド特有の相手の行動に応じて発動する能力でも無い。
自分の手札1枚を裏向きにして、、サイズ1、攻防6000、打撃力2のモンスターとして場に出すことができる、という珍しい能力だ。

サイズ1の数値としては破格な上、もし何らかの効果や攻撃で晴明が場から離れても、電子式神は残る!
晴明を横にコールして、そのあと起動効果でこの式神をセンターに出すだけでもかなり便利!

が、この電子式神、手札とゲージに余裕があるとき限定だが、さらに強力な使い方も存在する。
起動能力なので、2回使って2体目の式神を出す事も可能なのだ!
2体目をコールした時点でサイズオーバーとなり、場にいる晴明をドロップゾーンに置かなければならないが、
本来そこまでモンスターの数値が高くない《カタナワールド》での式神の数値は驚異的だ!

相手が普通の《カタナワールド》対策をしていればしているほど、こういったカードが出てくると対処しづらいはず。
あえてワールドの特性とは真逆の能力を生かす事で、相手の作戦をかき乱す事もできるだろう!


2014年4月18日 今日のカード EB01【不死身の竜神】収録

竜の豪雷
one-point.jpg今月号のコロコロに次いで、公式サイトでもついに公開されたエクストラブースター第1弾「不死身の竜神」!
何を隠そう、この弾には新たなワールド、《エンシェントワールド》が収録されている!
内容のほとんどはまだ明かすことができないが、今日は特別にこの新世界のカードを1枚、紹介しようと思う!

魔法カード「竜の豪雷」。
場の攻撃力か防御力のどちらか、あるいは両方が2000以下のモンスター1枚を破壊するカード。
「2000」と言われると「数値低いのしか倒せないのか…」と思われがちだが、バディファイトで人気のカードを思い出してみてほしい。
「サウザンドレイピア・ドラゴン」、「激突竜 ガエルゴルガ」、「魔王 アスモダイ」、「電子忍者 紫電」など、強力な能力を持っていたり、
攻防打撃のどれかが飛び抜けているカードは、総じていずれかの数値が低く設定されているのだ。

それらのカードをゲージを使わずに、しかも「対抗」で相手ターンにも破壊できると言えば、その有用性がわかってもらえるだろう。

《エンシェントワールド》は、古(いにしえ)という仰々しい名前の通り、恐ろしい力を秘めたワールドだ。
一体モンスター達はどんな姿をしているのか、どんな能力を持っているのか、アニメや漫画ではどんな活躍をするのか。
あらゆる意味で、今後の情報を期待してほしい!


2014年4月17日 今日のカード BT02【サイバー忍軍】収録

バーニング・ボウ
one-point.jpg発売済みのカードのアドバイスをする時、《ジェネリック》が多いと思った事はないだろうか?
それは、このアドバイスの副題にある「使ってみようぜこのカード!」に最も相応しいワールドが《ジェネリック》だからだ!

という事で、今日は「サイバー忍軍」収録の新たなアイテム「バーニング・ボウ」を紹介!
自分のセンターにモンスターがいても、プレイヤー自身が攻撃できる異色の武器だ!

センターにモンスターを置いて戦うデッキと相性が良く、サイズ1のモンスターを3枚置いて4回攻撃をしても良いし、
サイズ3のモンスターで守りつつ、チクチクと攻撃していくのもアリだ!
ちなみに、センターのモンスターと連携攻撃することも可能なので、「ソロモンの盾」や「うつせみの術」対策としても有効。

センターにモンスターがいても使える武器としては、《マジックワールド》の「ガンロッド ベヒシュタイン」なども挙げられるが、
あちらは効果で1ダメージを与えるというカード。 「攻撃」にはカウントされないので要注意!

《ジェネリック》は他のワールドより数値や能力が弱めに設定されている代わりに、どんなワールドのデッキにも入れられる。
たくさんは入らないかもしれないが、使い方次第で様々なデッキのサポートができる、縁の下の力持ち的ワールドなのである。


2014年4月16日 今日のカード BT02【サイバー忍軍】収録

アーマナイト・ウォールリザード
one-point.jpg優秀なカードが大量に増加した「サイバー忍軍」。
デンジャーワールドも「夜翔竜 ラハル」や「双角竜 アークギラファ」、「アーマナイト・タイガー」をはじめとする強力なカードが
収録されたが、その陰に隠れてしまってるすこぶる優秀なカードが1枚いる。

それがこの「アーマナイト・ウォールリザード」だ!

攻防ともに3000と若干低めだが、このカードの真価は数値にあらず、「対抗」の起動効果にあり!
具体的には↓の通り。

センターにウォールリザードをコール ⇒ 相手モンスターの攻撃時に効果発動! ⇒ 相手の攻撃は空振りとなる!
⇒ センターは空いてしまうが、次に受けるダメージを2減らす事ができる!

つまり、このカードだけで実質2回の攻撃を防ぐことができるという訳である!
デンジャーワールドは防御面に難がある場合が多いので、その弱点を補う貴重な1枚となるだろう。
こっそり打撃力が「3」もあるので、相手プレイヤーに直接攻撃できる場であればより有用だ!


2014年4月15日 今日のカード BT02【サイバー忍軍】収録

アクターナイツ・ザ・マジシャン

one-point.jpg今日はジェネリックに追加された種族《アクターナイツ》の中でも、とびきり優秀なモンスター「アクターナイツ・ザ・マジシャン」を紹介!
攻防1000、打撃力1という数値の彼が何故そんなに優秀なのか、その理由を説明していこう。

まず特筆すべきは「破壊された時にゲージ1を払う事でカードを1枚引ける」というその能力!
当然モンスターの攻撃だけでなく、魔法カードなどによる破壊でも効果は発動するので、センターに置くにはうってつけ!
破壊させて優雅に1ドローしよう!

そして、実は属性《魔術師》を持っている彼は、「大魔法 マイ・グランファーザークロック」の発動条件に組み込む事ができる!

破壊される ⇒ 効果で1枚引いてドロップゾーンに置く ⇒ グランファーザークロックまであと5種類!

という事である!
また、「撃滅の魔女 ハーティ・ザ・デバステイター」の効果に選べたりする点などからも、マジックワールドとは特に相性が良い!
どんなデッキに入れても光るカードなので、まずは使ってみることをオススメするぞ!


2014年4月14日 今日のカード BT02【サイバー忍軍】収録

ドラゴニック・パラトルーパー

one-point.jpg


2014年4月11日 今日のカード BT02【サイバー忍軍】収録

流星十字手裏剣 右打ち 旋風風車手裏剣 逆打ち

one-point.jpg今日は一見強力だが使い勝手の難しい、「流星十字手裏剣 右打ち」、「旋風風車手裏剣 逆打ち」を紹介だ!
カタナワールドは忍法が命!と言っても過言ではないくらい魔法カードが強力!
ゆえに、その使い方に慣れれば慣れるほど、強いカタナワールド使いとなる。

このカードは相手がレフトorライトをアタックしたくなるような場を作らなければなかなか使えない。
一番簡単な方法は、「次のターンまで場に残したくない」と相手に思わせるカードを置く事だ。
そこで今回最もオススメするのは「電子忍者 紫電」!
毎ターン2ドローを行える紫電の起動効果は相手にとって脅威的! よほどの事が無い限り、狙ってくるだろう!

また、ドロップゾーンにどちらか1方があり、アイテムカードを装備しているなら、あえてモンスターを横にコールし続けるのも手だ。
「右打ち」が来るのか、「逆うち」が来るのか……相手は警戒するだろう。
この2枚に加え、「鬼道 呪い氷鏡」まであると、相手はセンターのモンスターにアタックする際も警戒せざるを得なくなる。
カタナワールドご用達、駆け引きの始まりである。

実際にこれらのカードを使うタイミングは少ないかもしれないが、相手がこれを恐れてモンスターをアタックしづらくなる事自体が恩恵なのだ!
発動しなくても便利! 発動できれば超便利!
罠にはめるだけじゃない。 罠があるかも、と警戒させる事も立派な戦法の一つだ!


2014年4月10日 今日のカード BT02【サイバー忍軍】収録

フォースリターン ギャンビット

one-point.jpg今日は強化魔法や防御魔法とは違う、ちょっと変わった魔法カード「フォースリターン」と「ギャンビット」を紹介!

2つのカードの共通点は、「場のモンスターを手札に戻す」というその能力。
使い方は様々だが、主に登場時に効果があるカードや、効果でレスト(横にした)カードを戻して、
同じターン内にもう一度出して使う、というのが簡単で強力!
以下にこういった使い方のできるカード達を幾つか紹介していくので、参考にしてみてほしい!

竜騎士 マクシミリアン ⇒ 2回使ってゲージ2枚チャージ、2枚ドロー!

インフェルノアーマー・ドラゴン ⇒ 登場時効果&起動効果だけで2枚除去できるが、もう一度出せば効果だけで相手の場を殲滅!

竜騎士 イワモト ⇒ レストすれば相手のモンスター1枚破壊! 出し直してもう1回効果を使うもよし、打撃力3で相手を攻撃するもよし!

蟷螂竜 ドランティス ⇒ 出し直しでビーストオーラ起動しまくり! もちろん「剣爪竜 ヴァルケン」などでもOK!

悪魔医師 ブエル ⇒ 「マジカルグッバイ」がもったいない……という人は「ギャンビット」で自ターンにブエルを出し直すという選択肢も!

他にも登場時効果、起動時効果はたくさんあるので、カードリストから相性のいいカードをさがして試してみよう!
自分のターンに出来る事が増えるので、だんだん楽しくなってくるぞ!


2014年4月9日 今日のカード BT02【サイバー忍軍】収録

光の魔法騎士 リヒト 闇の魔法騎士 ドゥンケルハイト


one-point.jpg今日は「サイバー忍軍」に収録された2人の騎士、「光の魔法騎士 リヒト」と「闇の魔法騎士 ドゥンケルハイト」を紹介だ!
先月のアニメで鈴羽(様)が使った事で一躍有名となった2人だが、もちろん見た目だけではなく効果も折り紙つき!

元の攻撃力、防御力は至って普通だが、条件を満たすと互いに攻防+3000!
その条件は互いが場にいる事!
リヒトは攻撃力6000、防御力7000! ドゥンケルハイトは攻撃力7000、防御力6000という脅威の場が出来上がる!
しかも彼らはサイズ1。 2枚場にいてもさらにもう1枚場に置けるので、戦略の幅が大きく広がるのである。

片方が破壊されてしまうともう片方の数値が落ちてしまうという危険性は、「ソロモンの盾」という正統派防御魔法で守る他、
「クイックサモン」で相手ターン中に再コールしたりという搦め手を取る事で回避できる!
「クイックサモン」は使ってコールしたモンスターに「反撃」も与えるので、コールついでに相手のモンスターを破壊する事も可能だ!

この2人や「撃滅の魔女 ハーティ・ザ・デバステイター」の効果を駆使して粘りつつ、条件が揃ったら「大魔法 マイ・グランファーザークロック」で一気に、優雅に、美しく勝負を決めよう!


2014年4月4日 今日のカード BT02【サイバー忍軍】収録

フールズ・ジャーニー アクターナイツ・ザ・フール
one-point.jpg今日は久しぶりにどんなワールドのデッキにも入れられるカード、「ジェネリック」の紹介!

ジェネリックのパッと見弱そうに見えるモンスター「アクターナイツ・ザ・フール」。
しかしこのカード、親切にテキストにも書いてあるが、強力なコンボの起点となる。

そのコンボの為の魔法がこの「フールズ・ジャーニー」!
ゲージ1と場の「アクターナイツ・ザ・フール」をドロップゾーンに置く事で、なんと「3枚」もドローできる!
《タロット》のカードが3種類以上ドロップゾーンに無いと使えないという制約はあるものの、得られる恩恵は大きい!
ジャーニーの起動条件を満たしやすくするため、「アクターナイツ・ザ・マジシャン」を加えるのもアリだ!

とはいえ、「このカードだけじゃちょっと……」と言う人もいるだろう。
そんな人はぜひ、同じく《ジェネリック》の「アクターナイツ・ザ・ワールド」をチェックして欲しい。
次のターンも自分のターンにできるという掟破りなザ・ワールドの能力起動にも、フールは関わってくるのだ!

バディファイトは一見使いどころが無さそうなカードも、ふとしたきっかけやコンボカードの出現で評価が変わるものも多い。
フールのようにテキストに書いてあるわけでは無いが、いろんな使い道をさがしてみるのも楽しみの一つだぞ!


2014年4月8日 今日のカード BT02【サイバー忍軍】収録

閃撃 病蛇 鬼道 月白斬り

one-point.jpg祝!「サイバー忍軍」発売!! 情報も完全に解禁されたという事で、今日はさらに突っ込んだ《髑髏武者》のキーカードを紹介!

そのキーカードが、この「鬼道 月白斬り」だ!
大事な事なので何度でも言うが、《髑髏武者》は超強力な能力の代償として、ターン終了時に破壊されてしまうカードが多い。
だがしかし! この魔法カードはその「ターン終了時に破壊される」という特性を利用できるカードなのだ!

代表的な使いどころとしては、「血刀 鬼面斎」、「閃撃 病蛇」などがあげられる。

病蛇をコールして相手センターのモンスターを登場時の効果で破壊!⇒ プレイヤーにアタック
⇒ ターン終了時、病蛇が破壊される時に「鬼道 月白斬り」を使って、相手のレフトやライトのモンスターを破壊!

「疾風 餓狼王」など、起動する事で破壊される効果を得るモンスターであれば、使うタイミングをより厳密に調整できるぞ!

さらに、「包蔵禍心 闇狐」を出していれば、相手プレイヤーにダメージを与えた時は闇狐の効果で破壊して1ドロー、
防がれてしまったら月白斬り、など状況に応じて使い分けも可能だ!

月白斬りを征する者は《髑髏武者》を征す!上手く使いこなして相手の場をまっさらにしてしまおう!


2014年4月2日 今日のカード BT02【サイバー忍軍】収録

秘剣 絶命陣 秘剣 星砕き
秘剣 月牙 秘剣 流星

one-point.jpgお待ちかね!アニメでもCMでも大活躍のカタナワールド、その中で今もっとも話題を博す新必殺技「秘剣 絶命陣」!!
今日はこのカードと、これに関わる三種の「秘剣」についての紹介をしていくぞ!

「秘剣 絶命陣」、そもそもこのカードはまず「場に設置する」という特殊な条件を持つカードだ。
設置した時、手札かデッキかドロップゾーン、そのいずれかから好きなカードを「秘剣 絶命陣」のソウルに入れる事ができる。
そして「秘剣」と名の付くカードがソウルにあり、その発動条件を満たした時こそ、秘剣発動の時!

◆秘剣 月牙
「秘剣 月牙」は、相手が必殺技を使ってきた時に発動でき、その必殺技を無効化した上で相手に3点ダメージを与える。
「ディアボリカル・ハーコー!」や「竜騎奥義 アルティメット・スマッシュ」など、序盤から打ってくるだろう必殺技への牽制が可能だ!
さらに、無効化できない「ガルガンチュア・パニッシャー!!」に対して発動し、相手のライフが3以下だった場合、月牙のダメージが
先に相手に与えられる! この場合、「月牙」を発動させたプレイヤーが勝利するぞ!

◆秘剣 流星
「秘剣 流星」は、相手が《武器》でプレイヤーを攻撃してきた時に発動でき、その《武器》を破壊した上で相手に3点ダメージを与える。
必然的にプレイヤーを攻撃してくる事が多い「鉄拳 ドラゴナックル」や「双竜剣 ドラゴアンセム」などを破壊したい時に役立つぞ!

◆秘剣 星砕き
「秘剣 星砕き」は、相手が魔法を使ってきた時に発動でき、その魔法を無効化した上で相手に3点ダメージを与える。
3枚の秘剣の中でも、魔法カードの発動を条件とする最も使いやすいカードだ!
発動するタイミングは自分で判断しなければならないが、序盤~終盤まで、いつセットしても確実に恩恵を得られる!
序盤で発動してしまうも良し、「闘気四方陣」などを無効化するトドメの一撃として備えて置くのも良し、だ!

3種のうちどれが絶命陣の下に入っているのか、相手には決してわからない……!
キミの張った罠が発動した時、こう言うのだ! 「キミはボクの(or私の、オレのetc)布石を踏んだ!」


2014年4月1日 今日のカード BT02【サイバー忍軍】収録

双角竜 アークギラファ”

双角竜 アークギラファ
サイズ:2  攻撃力:7000  防御力:6000  打撃力:2
属性:デュエルドラゴン  ワールド:デンジャーW

■『コールコスト』ゲージ2を払う。
【2回攻撃】

カブトとクワガタを一緒にすると…どちらが生き残るか知っているか?


one-point.jpg今日は久しぶりにデンジャーワールドのモンスターを1枚紹介!
その名も「双角竜 アークギラファ」!! ギラファノコギリクワガタのような角を持つ《デュエルドラゴン》だ!

サイズ2で打撃力2とデンジャーワールドのモンスターにしては低めなものの、なんとサイズ2にして「2回攻撃」を持っている!
無条件で「2回攻撃」を持つモンスターはアークギラファが初めて!

打撃力3や4のモンスターの攻撃は、1枚の魔法カードによって防がれてしまう事もあるが、これなら1回防がれてもダイジョーブ!!
相手のモンスターを2枚倒しにいくも良し、4点ダメージ与えにいくも良し、2回分の攻撃をお好みで使ってくれ!

また、防御力も6000あるので、モンスター単体に負ける心配もあまりない。
連携攻撃対策として、連携攻撃してきた相手にゲージ2を払わせる設置魔法「対決の掟」を置いておくのもアリだ!

貫通を持つ「激槍 死狂い」との連携攻撃も相性が良く、装備しておけば魔法カード「闘魂合身」も使えるようになって一石二鳥!

「サイバー忍軍」に収録されるデンジャーワールドはもちろんこれだけじゃない。
他にも驚きの性能を誇るカードをそろえているので、デンジャー使いも「サイバー忍軍」を要チェックしてくれ!
関連記事

新着記事


ドラゴンVSデンジャー
■駿河屋■
■Amazon■

ドドド大冒険!
■駿河屋■
■Amazon■

不死身の竜神
■駿河屋■
■Amazon■



管理者にだけ表示を許可する




ページトップへ戻る

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。